読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nuiru's blog

2015.8.22川西JC、2015.10.27郡山JCで行われた樋渡啓祐氏の講演会の内容をお伝えするブログです。

郡山JC樋渡啓祐講演会2015.10.27 #11「謝恩会、市民ボランティア」

樋渡啓祐

で、最後になりますけれど、今日質疑応答6時間とってますから。最後になりますけれど、一番言いたかったこと言いますね。

あの、これからお見せするのは、えっとー、ちょうど図書館ができてから1年経ったときに、謝恩会をTSUTAYAの図書館チームがすごいささやかだったんですけど開いてくれました。

で、そこに行ったのは、えー、事業者のみなさんとか、一部の市民のみなさんとか、市役所のみなさんが、集められて来たんですね。そのときに謝恩会の最初に流したビデオを、えー、内緒で流したいと思います。

 

ちょっと待ってくださいね。あれ?これどうやって。たまにね止まるんですよ最近。だれかしゃべってて。ちょっと待って下さいね。ほんとに止まりました。困りましたね。?????さないといけないね、もうね。あ、動いた。よかったですね。

 

動画の音声(謝恩会の御礼ビデオ)

BGM

 

樋渡啓祐

もう1回やります。あ、(プロジェクターに映像が)出るまでに時間がかかる。

お、行きますよ。

 

動画の音声(謝恩会の御礼ビデオ)

BGM

 

樋渡啓祐

これ改修したんですね。図書館。

「工事が始まる1週間前のことでした。」

「僕たちは」僕たちっていうのは図書館チームね、TSUTAYAの。

開泉食堂って遅くまでやってる食堂があります。

「隣のテーブルでは五光建設」って、あのー、市内のちっちゃな建設会社が「皿うどんを食べていた。」

「図書館の工事は世の中が注目している。絶対いいものを作らないと恥だ」「気合い入れてやるぞ」

たかが図書館ですよ。

「ぼくたちの耳に入った決起の言葉」「隣の席で涙が出そうになりました」

まあしょっちゅう空調壊れたんですよ。1日多い時7千人来ますからね。

「一年間あなたに何度も助けられました」

ほんとそうです。

で、対日感情がピークだったときですね。

本棚が全然?????ないんですよ。税関も結構ストップとかって言ってきたりしてね。まあでもぎりぎり間に合いました。

これ朝4時半にメール出しても返ってきますもんね。いつ寝てるんだって思いましたもんね。

これは北九州のちっちゃい会社?????さんていう会社ですね。

スタバ。絶対失敗するって言われたスタバ。失敗したらどうしますかって言われたんで砂場にしますって言ってました。どっかの知事と一緒です。でもものすごい売れました。地方だとか言い訳にならないですね。もういいものだったら来るんです、人は。

富士通さんすごかった。もう寝袋持って臭かったもんね。もうあのすごいシステム設計難しかったんですよ。図書館のなかに本屋が入ってるから。これはもうその通り。1回もクラッシュしてませんもんね。

平均滞在時間は2時間半から3時間。で、みんなが?????来てくれるんですよ。誰もが自分の居場所をもってるってすごいな。

?????もんね。もうこのへんになるとみんな泣いてましたね。苦労が、思い出したんでしょうね。もう教育長も泣いてましたもんね。

職員さんですね、うちの。真ん中の人は僕が知事選に出たから市長になりました。小松さん。

CCCがやりたいようにやってくれっていうのは、ずーっと僕ら1年生から僕らに至るまで言ってました。それは全部問題は市役所が解決するからって、もううちの司書は泣いてましたね。僕はカメラ向けられても泣きませんでした。

これは嬉しかったですね。一人も欠けることなく1周年を迎えたって。2年経って辞めたの1人だけ、寿退社。でもまた戻ってくるって言ってます。別れるって言ってます。

で、1年経って?????僕ら。たかが図書館で?????。

?????のみなさん、相当?????ました。

しょっちゅう今でも僕ら?????ます。集まって、全部お金僕が出します。それが玉に瑕。でもうれしいですよね。?????に呼ばれて。

 

(御礼ビデオ終わり)

 

これも見える化なんですね。

で、これは武雄市図書館の例なんですけど、武雄市図書館をみなさんたちのお住まいの地域に置き換えてください。それで五光建設さんとかいろんな出ましたね。それをみなさんたちに置き換えると、ある法則があるんですね。物語があるってことなんです。物語が。ストーリーが。

 

それでこのVには出さなかったんですけど、出てないんですけど、僕は、CCCTSUTAYA猛反対、あと教育委員会はもっと反対したことを何個かやったんです。そのうちの1つとして市民ボランティア200人ぐらい入れたんですよ。

でもうものすごい教育委員長から怒られました、僕。もうこんなに忙しいのに、あのー、なんで入れるんだとか、どうやって管理するんだとか、盗まれたらどうするんですかとか、言われるんですよ。

そしたらね僕言いました。あの全責任は僕が取るからって、取れないのは教育長あなたが取りなさいって。うん、責任の分散化って大事なんですね。一人で背負わないことです、つらいことも。教育長と背負うことです。それで、えーっと、出した。出したって市民入れた。

 

そしたらね、ほんとに時間がなくて、僕が2年半かかるのを5ヶ月でやれって言ったから、時間がなくて、どうなったか最後、もうみんなで本棚入れたんです、もう。本棚入れて。まあだからそれが短すぎたんで、選書の問題とか出てくるわけですね。あれ全部僕の責任です。

 

で、それはともかくとして、あのー入れてた時に、僕の担当の部分っていうのはここ。で、隣にあの耳の聞こえない、もうほとんどたぶん聞こえなかったと思うんですけど、聞こえないお父さんが30代半ばのお父さんがいらして、黙々と入れるんです。黙々と。

で、夜10時ぐらいになるとさすがにあの管理者責任問われるから、ちょっともう帰りましょうっていうのを紙に書いて渡したんですよ。帰りましょうって。隣にいたから。

そしたらビリって破られたんですね。なんだそりゃとかって思って、でまた筆談で、いやもう私最後までやります、やりますとかって書いてあって、これは私たちの図書館ですから、って言われて。

でも管理者責任問われるから、そしたらね、館長がずーっといるからね、交代で。館長が、分かりました、って、そんなに熱意のある市民だったら私がちゃんと夜通し見守りますから。で、いやあやっぱうちの館長すごいなとかって思って、僕は次の日議会もあったんで夜10時半ぐらいにもう帰ります。

僕はすごい早起き、だいたい4時半ぐらいに起きます。行って、6時ぐらいに図書館行ったんですよ。行ったら、あのー、館長訪ねて行ったんですね。リポビタンD持って。館長、いびきかいて寝てました。やっぱお疲れ気味なんですよ。お疲れ気味で、それは仕方がない。

そしたら、そこに入って本のところに行ったら、そのお父さんがまだ黙々とこれやってたわけですね。で、さすがに身体に障るから、もう帰りましょうって言ったら、あと2時間ぐらいしたら、あーなんだっけ全部目処が立つから、そこまでやらしてください。2時間だったらまあ9時ぐらいだからいいなかと思って、なおかつ、僕に気に障ること言ったんですね。樋渡さんの分類間違ってます、全部直しておきました。申し訳ございませんって謝ったんですけど、僕結構いい加減なんでね、人生の分類も間違ってますから。いい加減なんでね。ほんで、本棚の分類も間違ってたわけですよ。

 

そしたらなんかあのー、そういうドラマってわりとよくあったんで、僕もう忘れてたんですね。もう忘れてて。

そしたら3ヶ月後夏休みに、あのー僕図書館に行ったら、そこで自分がどうなってるかなって本棚見たら、いたんですよそのお父さんが、いて、で、ぱって見たら、小っちゃい子がいて、小っちゃい子が就学前の、もうあのー、顔そっくりなんで。もう間違いなく子ども。僕の子どもじゃないってわかりました。子どもがこう、いて。

で、なんて、どういうことをお父さん言うのかなと思ったら、やっぱり耳が聞こえないんで声がちょっと大きいんですね。そしたら、満杯です、もう、図書館。そしたらねお父さんがこんなこと言ったんです「これ、パパがやったんだ」一言。

そしたらみんなこう振り向くわけですよ。ふつう図書館静かにしなきゃいけないじゃないですか。そこはもう閲覧室、あのー、もう声が?????いけないとこね。で、こう、あ、やばいとか思って見てたわけね。そしたら息子さんが、パパすごい、って言った瞬間に周りで見てる人から静かな拍手が起きた。

で、そこはこれCCCの取り計らいで、上が、あのー、開けてあって、明かりが入ってくるようになってる。明かりが入ってて、で、たまたまかもしんないけれど、そこにこう光が降りてきたような感じがしたんです。光が。

で、そん時に静かな拍手が起きて、僕がその時に確信したのは、ああ、この子はお父さんを誇りに思って、そして自分の生まれ育った町を必ず誇りに思ってくれるって。どこで育ってもね。どこで仕事をしても。

で、僕はこの仕事をやってよかったって、いうのを心底思ったんですね。たかが図書館です。

で、そん時に、僕らが分かったのは、やっぱりいろんなストーリーを作んないといけない。ストーリーを。それはみなさんたち来られた方はみんなストーリー持ってます。すばらしいストーリーがあります。挫折もあると思います。挫折もあるかもしんないけど、でもそれぞれ人に言えないような悩みとか苦しみとか悲しみがあるかもしんないけれども、ストーリーが、ストーリーだけに終わらずに、組み合わさるとストーリーズを飛び越してヒストリーになるんですね。これはすごい大事なことでヒストリー(History)のヒ(Hi)というのはラテン語でいうと、より豊かなとか、より高い意義のっていう意味なんですよ。だから歴史っていうのは過去の事じゃなくて、これから紡ぎ出す新しい物語だって、いうのを僕は武雄市民から学びました。

 

だから今日ここに、10年後の郡山を考える、っていうふうに書いてあるんですけれど、べつに10年後考える必要なんかないんですよ。うん、その時、その時を、ちゃんと愚直にね、謙虚に真面目にやってれば、それは10年後経った時にはものすごい位置に到達してるって、いうことだと思うんです。

だから僕はよく派手だとかいろんなこと言われてますけれど、あのじつは全然自分ではそう思ってなくて、僕の周りには全然そういうこと思ってる人じつはいなくて、11個問題があったらそこを解決しますって。うんだからユルユルでした、そういう意味でいうと。

 

うん、だからそういう意味でいうと、あのアイデアとか行動力とか10年後の郡山を考える、自分たちのお住まいのことを考えるっていうのは、じつは非常にシンプルで分かりやすくいうと、今あるものに対して一所懸命笑いながら取り組むって、それをできれば、さっきも言ったけどスピードを上げて、見える化すると、それが結果としてすごいとこに到達してるって、いうことになると思います。

 

で、私は、僕は郡山これで4回目か5回目なんですよ、結構好きなんですね、郡山は、好きなんです。

ここはもうあの東北の玄関口であると同時にやっぱりですね、今日もお越しになってます、人がいい、昨日違うとこでそこも人がいいとか言いましたけど。ね、だいたいどこでも人がいいとか言ってますけれど、あの特に郡山はいい。明日はまた大阪で言いますけど。そこでもまた言いますけれど。

だから、そういうふうに、なんかやっぱりこうやって、ねえ何度もお越しの方もいらっしゃいます、?????さんもそうです、スズキさんもそうですけどね、そこのご夫妻もそうだし、だからなんかそういうふうにまたこれがきっかけとなってね、僕がいろんなところのお手伝いをぜひしていきたいなっていうふうに思っていて、郡山はあのー、ね、30万都市のなかでは、あのーこの市長さんがいる時じゃないと何もできないと思います。市長が、あのーかなりあの豪腕です。豪腕なんでだからそれはいろんな歪みとかあるかもしれないけれども、ちょっと今日ね見たら人間丸くなってたもんね。ああ、身体がね、ああそっかそっか。じゃあ訂正します。

だからあのーなんかな、もっととんがってさ、とんがって、みなさんたちと一緒にこうぜひがんばってほしいなって思うし、僕は市長すごい気が合うんで、まあ総務庁の後輩でもあるんでね、力一杯?????応援したいなって思ってますし、どこかの機会でお会いできること楽しみにしてこの講演を閉じさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

 

観客

(拍手)

 

司会

樋渡様、ありがとうございました。