読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nuiru's blog

2015.8.22川西JC、2015.10.27郡山JCで行われた樋渡啓祐氏の講演会の内容をお伝えするブログです。

小牧市のツタヤ図書館計画、住民投票で反対多数

佐賀県武雄市で樋渡啓祐氏が始めた市立図書館のCCC(TSUTAYA)への運営委託。

愛知県小牧市ではその計画が進められる前に住民投票が行われ、市民が「反対」を示しました。

 

 

計画を主導している小牧市の山下史守朗市長は記者会見で計画を見直すと述べたものの、CCCへの運営委託はあきらめていないようです。

 

最初に始めた武雄市図書館の選書問題が報じられるなか、2例目の海老名市立図書館が住民投票直前の10月1日にオープンし、武雄市同様に、いやそれ以上に選書や排架の分類がひどいことが話題となりました。

そうしたことが小牧市民の耳にも届いたこと、届けた人がいることが住民投票の結果に影響したのではないかと思われます。

逆にいうと、こうした失敗が実際に示されないと反対の気運が高まらないのは残念でなりません。

 

樋渡啓祐氏は、武雄市図書館を自身の成果として、CCCと組んだことを成功事例として講演をして回っています。

そこで成功として真っ先に語られるのは、図書館内に入れたスターバックスの売上順位だったりするわけですが。

 

また、武雄市図書館の利用者アンケートは、満足度は高いとしながらも、満足している点はスターバックス、催しものといった本以外の部分です。

不満な(使いづらいと思う)点は、館内がうるさい、借りたい本がない、排架がわかりにくい、本がとりづらいなど、図書館の基本サービス部分です。

 

CCC運営委託の市立図書館は

  • 佐賀県 武雄市(2013年4月オープン)
  • 神奈川県 海老名市(2015年10月オープン)

に続き、

の計画が進んでいます。