読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nuiru's blog

2015.8.22川西JC、2015.10.27郡山JCで行われた樋渡啓祐氏の講演会の内容をお伝えするブログです。

川西JC樋渡啓祐講演会 #02 に思ったこと

川西JC樋渡啓祐講演会2015.8.22 #02「開会挨拶と理事長挨拶」 に思ったことです。

司会者

司会者は森本猛史氏です。

川西JCでの肩書きは「豊かな社会創造委員会委員」だそうですが、本業は開催地である川西市の市議会議員です。

政治活動での演説で鍛えられたのでしょうか、はっきりとした通る声で講演会の司会をそつなくこなされていました。

それからたいしたことではないのですが、市議会議員としての公式サイトのプロフィール欄の冒頭「教養ある母により」という一文に、なんとなくの違和感を覚えました。

 

理事長

今回の樋渡啓祐氏講演会の主催者である川西青年会議所(川西JC)の理事長は、福元達也氏です。

本業はリフォームやタイル・外壁工事の施工を主な事業とする株式会社T'STILEの代表取締役だそうです。

T'STILE社の求人情報は検索にひっかかるものの、会社のホームページは見つけることができませんでした。

理事長挨拶の中身ですが、

講演を機に市民町民ひとりひとりが町のことを考えるようになってほしい

町を作っていくのは住民一人一人だというところをお話していただければと思っております

という主旨は真っ当だと思います。

ところが現実は、、、樋渡啓祐氏の講演ではその「機」になりえず、住民主体ではなく樋渡氏の「俺だからできたこと」の自画自賛話に終始してしまいました。

 

樋渡啓祐氏の講演内容は、主催者としてあらかじめ把握していたであろうに、なぜ樋渡氏に講師を依頼したのか、なぜ理事長挨拶と食い違ってしまう講演会にしてしまったのか、という疑問が残ります。